読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ネイティブキャンプからDMMへ乗り換えました。

今年の1月になってから、ネイティブキャンプが混雑するようになりました。
同じ時間帯に生徒が集中し、フリーの先生を捕まえるのが困難になり、予約をしないとレッスンを受けるのが難しくなりました。


ネイティブキャンプの売りは、好きな先生をのレッスンを受けるのが難しい代わりに「いつでも」「好きな時に」「何度でも」受講できることだと思っています。
現時点で、その利点が薄くなってしまっているため、契約更新のタイミングでDMMに乗り換えました。タイミングよくDMMでキャンペーンをやっていて、まんまとそれに乗っかってしまいました。


1日に2回受けられて4100円。安いネ!初月だけだけど!
ネイティブキャンプで1日2回レッスンを受けるのに慣れてしまっているので、半額なのをいいことに、こちらのコースを選択してしまいました。
ネイティブキャンプを約7月、DMMを約1週間受講して、感じた違いは以下の通り。

①受けたいと思った時に受けられるのは便利
②ネイティブキャンプの先生は全体的に元気で愛想が良い
③ネイティブキャンプのオリジナルのシステム・画質はとても良い
④DMMの方が役に立つフィードバックをしてくれる
⑤DMMの先生は辛抱強く待つ人が多い気がする(助け舟を出してくれるのはネイティブキャンプ)
*あくまで、私の個人的主観的な感想です。

ネイティブキャンプでは、ちょっとした時間が空いたとき、すっと始められるのがホント良かった。私はあまり先生にこだわりないので、空いてる先生さえいれば、すぐにレッスンに入れるのでほんとにありがたかったです。

DMMは教材が豊富で何を使えばよいのかわからなかったので、一番初めの授業でレベルチェックテストを受けてみました。結果はレベル5。正直、もうちょい高いんじゃないかな?と思っていたので少し落胆しました。が、自分のレベルを受け入れて、そのレベルの教材を使ってみることにしました。

翌月にはまたネイティブキャンプに戻るつもりでいたので、シリーズものを受けるのは避けて、単発で受けられるものをやっています。

それにしても、DMMはいろんな教材があっていいですよね。惜しむらくは、私の予算では1日1回コースしか受けられないんですよね。色々あっても受け切れない(笑)。
今は、写真描写とテーマ別ディスカッションの自分のレベルに近いものを受けています。


授業の前に「文法とコロケーションを間違ったら訂正してください」とメッセージを送ってあるのですが、積極的に直すより、辛抱強く待つ方が多い気がします。
私としては、黙って待っていられるよりは、その場で指摘してもらった方がありがたいし、勉強になるのですが……。生徒に話させるように指導されているのかもしれないですね。
ネイティブキャンプでは、「INかな?ONかな?」と言いながら迷っていると、その場で教えてくれる人が多かったので、DMMにおいてこの点についてはストレスがあります。
ただ、その場でしっかりと訂正してくれる先生は、チャットボックスもつかってくれるし、レッスン後のフィードバックメッセージも詳細に書いてくれます。この点に関してはDMMの方が上ですね。

2月になりまして、ネイティブキャンプの混雑具合が解消されているようなら戻りたいのですが、どうなることやら……。

 

 

nativecamp.net

 

 

ネイティブキャンプ Androidアプリのデータ使用量を計ってみた。(ほぼ音声のみ)

ネイティブキャンプのアンドロイドアプリで、どれくらいデータを使用するのか計ってみました。

前回、講師&自分の両方がビデオを使って25分レッスンした場合では、約100メガ使っていました。

今回、はじめの一分程度はビデオを使い、後は音声のみにしてレッスンを受けてみたところ、28メガ使っていました。

スマホだと画面が小さいので、教材を見ながらのときは、音声のみがちょうどいいかもしれません。

あくまで目安ですが、皆さんの参考になれば(^^)

 

nativecamp.net

ネイティブキャンプ Androidアプリのデータ使用量を計ってみた。

ついにネイティブキャンプのAndroidアプリがリリースされましたね。

普段はパソコンからですが、実家に帰ったときは家族のパソコンを借りたりしなければならなかったので、アプリの公開を心待ちにしていました。

昨日、実家に帰省したので、家族が寝静まる今朝方、早速アプリを使ってみました。

実家にはWiFiが通ってはいるのですが、わたしにあてがわれた部屋は、ものすごく電波が悪いです。

レッスン中に通信回線が不安定なのはストレスになるので、試しにモバイルデータ通信でレッスンを受講してみました。

月末だし、使い切れないくらいデータ量があまっていたので…。

 

で、

25分間、講師も私もビデオをつけた状態で98.62メガでした。スピーキング教材だったので、テキストは1ページ分でした。これは端末の方の記録です。結構使いますね(汗)。

覚えていたら、次は音声のみの、計測もしてみたいと思います。

nativecamp.net

 

 

 

 

『君の名は。』が大ヒットしたので、新海誠監督の講演会”夢をかなえるものづくり(2012年)”の内容を再掲します。

題名の通り、2012年1月か2月頃に行われた、新海誠監督の講演会の内容を自分の別ブログから再掲します。
(そのブログは開店休業状態で、該当記事は非公開になっています)


以下、当時の記事をほぼそのまま載せます。

 

新海誠氏講演会”夢をかなえるものづくり”(「星を追うこども」上映会)

 

 


【概要】
生涯学習センター提案事業
シネプレックスにて
上映会(120分)
講演会(50分)

 

【雑感】
恥ずかしながら、新海誠監督の作品を観るのは、これが初めて。
いきなり、映画館で最新作をみて、尚且つ監督本人に会うという、チャレンジャーでした。
いざ会場に着くと、全席売切で自由席でもつめて座ってくださいの事。
特に何も考えずに、前の方の、公演台よりに座りました。
結果的に、監督とは半径10メートルも離れていない位置に。
通路側だったから、監督が出入りするときは、3メートルも離れていなかったです。
映画そのものは、2時間ぎっしりつまっていたので、見終わったときはぼやーっとしてしまった。
戦闘シーンがやけにリアルで直視できなかった!てか見てなかった。
うわーん、血が!痛いよ!
そして、先生とあすながくっつかなかったことに不満を抱く私・・・・・・。

 

【講演会概要】
講演会は、パワーポイントやその他映像を交えて、サクサクと進められました。
さすが、エンターテイナー、全然だれることなく、あっという間の50分でした。
淡々と進められる中にちょこちょこ笑いを入れてくるので、とってもおもしろかった。
講演会そのものも、50分きっかりで終わったのに感心しました。
折角の機会だからと、メモを取りながら聞いていたら、A4の用紙2枚分ぎっしりと埋まってしまいました。
以下、簡単に、講演会の内容を紹介します。
*私というフィルターを通した時点で、もしかしたら、監督の意図とは違うことを書いているかもしれません。誤解や聞き間違いをしているかもしれないということを、留意してください。

 

1 アニメ製作を始めるまで
2 メイキング
3 夢をかなえるものづくり


以上の3部構成でした。

 

 

1 アニメ製作を始めるまで


昔から、漫画や小説、ゲームなどが好きだったが、その当時はアニメを作ろうとは考えていなかった。
ただ、絵は好きで、トランプやジャンケンゲームをPCで作ったりしていた。
大学時(文学部)、相変わらず、絵は好きで空の絵を良く書いていた。
何か表現することができれば…とは漠然と考えていた。
しかし、これを仕事にできるとは考えていなかった。
その後、ゲーム会社に入社し、コンピューターとデジタルツールに出会い、ゲームの映像を作ることになる。
そうこうしているうちに個人的にも映像を作り始め、数年後、会社を辞め、数か月家に籠り「星の声」(2002年)を製作する。
(ゲーム作品のサントラやら、声やら、ところどころ「当時好きだった女の子」の話が笑)。

 

→何かをしたいというぼんやりとした気持ちがあって、
 その後、パソコンという手段を得た。
 そこから、テーマを決めた。

 

 

2 メイキング

 

第一声が、「テーマは何ですか?って聞くな!(一言で済むなら、こんな長い映画はつくらん!)」と言って、会場を笑わせつつも、製作途中の貴重な映像を交えながら、「星を追うこども」のテーマの一つについて語ってくれました。

物語にはいろいろな構造があるが、「星を追うこども」に関しては、「行って帰る物語」構造を使った。
では、この構造の中で、「あすなはアガルタで何を知ったのか?」ということをテーマの一つにした。
シンや先生と別れてひとりになるシーンでの、
「わたし、ただ、さみしかったんだ」
あすながアガルタで気づいたのはこれだけ。
しかし、これは境界を越えて初めてわかったことで、元にいた場所では気がつけなかった。
これを「行って帰る構造」の中に組み込んだ。

 

→同じ構造を使っても、「何に気づくのか」というのは、製作者によって様々で、全く違うものが出来上がる。

 

 

3 夢をかなえるものづくり


1,2の内容を踏まえたうえで、製作の現場の人々のインタビュー(「小さい頃の夢は何だったのか?」)を紹介。
結論として、
監督を含め周りの人は、成り行きでアニメをつくるようになったのが多数。
監督は、成り行きでアニメーションを作るようになった。
「監督を向いてないなー」と思いながらやってきた。
しかし、形が内容を作ることもある。
つまり、監督という枠組みの中で走り続けることによって、その先(夢)をみつけることができるかもしれない。
夢を知るために、ものづくりをしているのかもしれない。

 

→星を追うこどもでも、「行って帰る」という公式をつかった。
でも、中身は人それぞれ。
物語のフォーマットは、作る人の中身を反映する。
監督という形で仕事を続けていれば、監督が夢だったと言える日が来るかもしれない。

【講演会感想】
全部聴いてみて、1,2,3のそれぞれ別の話をしているようで、実は根っこが繋がっていたという伏線だらけの素晴らしい講演会でした。
しかも、含蓄がありまくりで、聴いていて、持って帰る物がたくさんありました。
新作が出たらみなくちゃ!という気になりました。
旧作も要チェックですね!

 

最後に質問コーナーで気になる発言があったので。
Q 震災によって何か意識が変わったか?

A 「今は『あれは○○だったんだ』といことはできない」

しかし、「その場にとどまらず、外に出ていけ」

というような話を次に反映できたら。

とのこと。今から次の作品が楽しみでなりません!

 

 

言の葉の庭 Memories of Cinema

言の葉の庭 Memories of Cinema

 

 


以上です。
4年前の私、当然ながら今より若いなあ…。

 

 

 

 

ネイティブキャンプを3ヶ月続けてみての振り返り。

7/16-10/16 約90時間 約215レッスン(1レッスン25分換算)
 
試用期間を含めて、ネイティブキャンプを始めてから3ヶ月が経過しました。
受講実績は上記のとおり。
平均すると、1ヶ月あたり、約30時間、72レッスンです。
 
オンライン英会話界隈では、1ヶ月1日1回25分、というのが、一般的な設定だと思います。

それですと、最大でも、1ヶ月に受けられるのは、31レッスン、約13時間となります。
倍以上の差がありますね。
 
授業を取りすぎでしょうか…?
計算したら、1レッスン70円くらいでした。――自分の貧乏性ぐあいちょっぴりひきました(^_^;)何回でも受け放題なら、どんどんレッスンをしないと損じゃん!と思って、せっせと受講していたら、こんなことに。
でも、ネイティブキャンプ内では、これくらいが普通なのかもしれません。
「何回・何度でも授業が受け放題」がウリですので。
 
この3ヶ月は、文法テキストを中心に受講していました。文法のテキストは全部で150位あって、1つの教材につき1~2回レッスンを受けました。
一番最後のフリーカンバゼーションは、結構省略しちゃっています。大体、その直前の文法練習パートで切りよく終わっちゃうことが多かったので、次のレッスンでフリーカンバゼーションから始めるのがかったるかったんです(笑)。
でも、こちらもちゃんとやってた方が、会話力はより上がっていたような気もします。
 
どのくらいの時間、または回数レッスンを受ければ、英語が上達するのか。
ということを、インターネットで検索したところ、(根拠は不明ですが)300時間会話を行うと、最低限・一通りのことがいえるようになるのではないか、という趣旨の記事をいくつか目にしました。
また、100時間を超えたあたりで、効果を感じ始めるとの記事もありました。
私はネイティブキャンプを始める前に、他社で体験もしているので、英会話のレッスンは、トータルで100時間超えています。

で、今の自分の英会話力を冷静に自己評価すると「や、全然しゃべれません。」というレベルです。
相手の言っていることはほぼほぼわかります。但し、同じことを繰り返してもらったり、知らない単語の意味をきいたり、聞き取れないところをタイピングしてもらえれば、の話ですが。
しかし、自分の言いたいことはぜんっぜん話せません。
相手がベテランの先生だったら、上手く助け舟を出してくれたり、推測してくれたりするので、こちらの言いたいことは何とか伝わります。
しかし、相手が新人の先生だったりすると、全然伝わりません。先生の困惑した顔が辛いのなんの(^_^;)
 
ただ、そんな状況に耐えうるだけの度胸はつきました。
わからないところがあったら、慌てず臆せず「それなんですか」「意味を教えてください」「この言い方は失礼じゃないですか」と訊くことができるようになりました。
初めのうちは、辞書を引いたり、尋ねたりすることで、先生を待たしてしまうことが申し訳なく思っていましたが、今は「今訊かないでいつきくんだ!」と積極的に訊いています。


結果として、初めの100時間は、英会話に慣れるということに費やされた感じです。
ちゃんと予復習してなかったので、こんなものかな、と思います。
恐らく、このまま同じように続けても、英会話力はあがらないと思います。ですので、NEXT100時間は、より戦略的に挑もうと考えています。
ざっくりとですが、CEFRのCAN-DOリストを指標を使って、自分の能力に落とし込んで、できないところを一つ一つつぶしていこうかなー、と考えています。まだ具体的なことは何一つ考えておりませんが……。
 
それにしても、3ヶ月で100時間近くレッスンを受けるのって、ネイティブキャンプだからこそ、できたことだと思います。
100時間を達成するためには、25分の授業を240回受講しなければなりません。1日に1回25分しか受けられないとなると、100時間受けるには、8か月かかります。
そう考えると、3か月で100時間って、スゴイ。
まあ、時間が多ければ多いほどいいってもんでもないですが。
 
これまで数打ちゃ当たる的に受講していたので、これからはもう少し丁寧にレッスンを受けようと思っています。
 
 

nativecamp.net

 

終生手帳

 

今年も残すところあと2か月。店頭で、手帳が充実してくる季節となりましたね。

私も、年末に近付くにつれて華やかになるスケジュール帳のコーナーの罠にまんまとはまり、うきうきと買い求めていた時期もありました。しかし、大抵は一か月程で使わなくなり、ほぼ真っ白の状態で一年を終える……。ということを何回か繰り返してようやく「私にはスケジュール帳は必要ない」という結論に至りました。

覚えきれないほど多くの予定がない。
まめじゃないから、数少ない予定を書くのがめんどくさい。

理由はこの2点に尽きます。

ノートなら兎も角、余白溢れるスケジュール帳って、他に使いようがないですよね。・・・・・・あります?
毎年、もったいないなあと思いながら捨ててました。
(書き込みがほとんどないので、何の思い入れもないのです)

しかしここで問題が。私は予定を忘れることはないのですが、後になってから思い出すことが全くできないのです。絶望的なまでに。昨日の夕飯どころか、今日の朝食すら怪しい私にとっては、いつどこに行ったのか、誰と会ったのかを思い出すのは至難の業。

特に忘れてしまうのは「いつ」で、去年のことだったのか、一昨年のことだったのか、さっぱり思い出せません。普段から日付感覚、曜日感覚が曖昧なのが原因だと思われます。過去を振り返ることはほぼないのですが、たまに、アレいつだっけ?となった時に、手掛かりとなるものがほぼないのはまずい。何かしら記録しなくては!と一念発起したわけです。突発的に。

というか、今年もまた来年のスケジュール帳が出始めて、欲しいなー、でも使い切れないしなー云々から上記の思考を経てからの思いつきなんですが。

でも、スケジュール帳を買っても、ほぼ100%二の舞三の舞になるわけですよ。そもそも予定そのものが少ないんだから、マメに書き込んだとしてもスッカスカで、勿体ないことになるのは目に見えているわけです。
で、考えた結果。ノートを一冊買って、それを終生記録用として、使い続けてみることにしました。ノートなら、途中サボることがあったとしても、また再開するときにそのまま続きから書き込めばいいし、それなら余白ができないから無駄にならないし。と思いまして。
続かないことを前提にしているにもかかわらず「一生使うならちゃんとした奴にしなきゃ」と形から入るべく買ったのがこちら。

 

ニトムズ STALOGY 365DaysNotebook A5

ニトムズ STALOGY 365DaysNotebook A5

 

 

ノリでイエローを買ってしまいました。一生ものなら、無難な黒がよかったのではないかと、今更ながら思いましたが後の祭りです。
これにセリアで買った透明のブックカバーをはめました。
始めの方に、自分の卒業年一覧と、実家の家族の生年月日などを書いておきました。兎角忘れがちなので(生年を)。
今はかったばかりなので、10月の予定がポツポツと箇条書きで記入されています。
そのうち書かなくなると思いますが、思い出した時にちびちび書き込んでいければいいなぁと思っています。

 

 勢いでこちらも購入しました。テンプレートになっているので、キロクのめんどくささが若干緩和されているのではないかと……。探すのが面倒にならないように、半分くらいはあらかじめ手帳に張っておこうと思います。

 

 



それどこ大賞「買い物」
それどこ大賞「買い物」バナー

ハワイに馳せる

明日から会社なので、去年行ったハワイの写真にで心をなぐさめる。

 

アラモアナセンター近くのマジックアイランドにて。


f:id:hatuka20:20161010222021j:image

f:id:hatuka20:20161010222123j:image

f:id:hatuka20:20161010222201j:image

f:id:hatuka20:20161010222308j:image



ウエディング写真を撮っている日本人が、何組かいました。マジックアイランドには、ダウンタウンに行った帰りに、夕焼けだけ見に寄りました。行って良かったなあ。