DMM英会話は他社とココが違う!DMM英会話を体験・3ヶ月受講してみての感想 

*オンライン英会話来歴*

2016年4月に会社の福利厚生(ベネフィットプラン)を利用し、オンライン英会話の体験を始める。(7~8社位)

2016年7月~2017年1月 ネイティブキャンプで1日2回受講。年末年始の混雑に負けて退会

2017年2月~2017年4月 DMM英会話

2017年5月        ネイティブキャンプに戻るも、混雑に負けて退会

2017年6月~2017年7月 Hanaso英会話

2017年8月         Kimini英会話体験入会 

2017年9月~        数か所体験受講した後、ラングリッチ入会

↑今ココ

 

英会話


オンライン英会話をあちこち渡り歩いているうちに、DMMだったらこうだったのに……!!!やっぱり大手は違うな…と思う事がありましたので、簡単にまとめておこうと思います。


①先生を細かく検索できる
 
 先生の年齢・性別・大学の専攻・講師歴や任意のキーワードで、先生の条件を細かく検索できます。英会話を始めたばかりの人には嬉しい、初心者対応が得意マークもあります。
 レアジョブも同じくらい講師検索機能が充実していたと思います。他の所は、大体、先生から選ぶのではなく、日付と時間対を選ぶと、その時間に受講可能な先生が表示されて、そこをクリックすると先生の簡単なプロフィールが見られる仕様になっていました。先生を条件検索できるところって案外限られているみたいです。
 DMMにいたとき、私は性別・初心者・年齢位しか使っていませんでした。私は、基本的に女性の先生しか受講しないので、他社で性別で振り分けられないときはちょっとしたストレスでしたね……。
 

②先生の口コミが充実
 
 DMMでは、先生の口コミがチェックできます。
 先生個人の印象や話すスピードの感じ方は人それぞれだと思うので、私はその点については話半分というか、あまり見ていません。
 ただ、通信環境の良し悪しだけは、チェックしていました。
 時間が限られている中で通信が切れてあたふたしてしまうと、時間が勿体ないし、それがストレスになってしまうからです。
 口コミで良い先生そうだなーっと思っても、「通信状況が悪い」「よく切れる」「雑音が混じる」と書いてあったら、私は避けるようにしています。
 これで、在宅型のデメリット(通信環境は個々人のによる)を回避してました。 
 まあ、地域全体が停電になってしまったりすると、避けようがないんですけどね。


③予約・キャンセルが受講者に有利
 
 DMMは15分前まで予約できるし、キャンセルも30分前まで可能です。直前に予約が入れられるので、ちょっとした隙にレッスンを受けられます。
 元々の先生の数が多いので、直前でもなんとか先生を捕まえられると思います。(人気があるかどうかは別ですが。)
 早朝など、先生の数が少なめで人気のある時間帯は難しいかもしれませんが、平日の夜なら直前でもレッスン可能なことが多いと思います。

 

 ④先生都合のキャンセルの時、当日再予約可能+振替レッスンチケットがもらえる

 
 私はネイティブキャンプの次にDMMに入会したので、これがデフォルトだと思っていたのですが、スクールによっては振替レッスンチケットしかもらえないところもあるんです。
 当日キャンセルされちゃったのはがっかりだけど、予約が取れれば当日レッスンが受けられるうえに、さらに振替チケットももらえるから、ちょっぴりお得な気分になります。
 

以上の4点がDMM英会話と他のスクールと比べてよかったところです。
大手ならではの講師数の多さがここの最大の特徴かなと思います。


そんな私は、DMM英会話のオリジナル教材に飽きてしまい、今、ラングリッチにいるわけですが…笑
ラングリッチのことは、また今度書いてみようと思います。

 

 

英会話

 

kimini英会話一か月無料体験の感想

 Hanaso英会話を卒業してから、次の移住先を探していたところ、kimini英会話が太っ腹の1か月無料体験を提供していたので、ありがたく入会してみました。

 

 私は、『ニューストークコース ライフスタイル編』を受けています。

 VOAの記事を読んで、それをもとに先生と話していくスタイルです。

 kimini英会話は、通勤型のスクールで、先生もみんなきちんとしています。

 恐らく、レッスンごとにどんなことを生徒に質問するのか、ということがあらかじめ決められているのではないでしょうか。

 記事の内容、自分の意見、両方とも万遍なく質問してくれて、先生が一方的にしゃべりっぱなし、ということはありません。

 惜しむらくは、ニューストークコースの予習は、記事を読むだけ、復習に関してはフォローされていないところですね。

 kiminiは、独自のシステムを使っていて、SKYPEを使う必要がありません。しかし、ニュース記事に関しては自分で別に画面を開いておかないといけないのが、ちょっとストレスです。

 ペイントみたいなところがあって、そこに絵をかいて先生に説明できるのはいいんですけど、絵心ないし、そんなに使わないです。

 それなら同じ画面に記事も表示できるようにしてほしかったなあ……

 あと、通勤型なんだけど、通信環境はそんなに良くないように感じました。

 完全に切れることはないんですけど、とぎれとぎれになったりすることは良くあります。

 しかし、先生方の質に関しては統一されていて、そこには不満はありませんでした。

 フリートークがないので、ちょっと飽きたときにそこに逃げられないのがつらいかもなーと思います。

 

 さて、この無料期間が終わった後はどうしようかしら…。

 

Hanasoメソッドに惹かれ、Hanaso英会話へ移住

 出戻りしたネイティブキャンプの混雑具合に押され撤退し、キーアイ、エイゴックス、ジオスオンライン、hanasoを体験し、hanasoメソッドに惹かれてhanasoに移住を決めました。

 

 Hanasoメソッドでは、英語初心者の痒いところに手が届く文法パターンやフレーズを用意していてくれて、それをテキストに沿ってじっくり練習できます。文法パターンも使いやすいものが多く、また、自分でそれを使って英作文して確認できるパートもあるのがよかったです。
 ネイティブキャンプやDMM英会話で『やりっぱなし英会話』に限界を感じていたため、Hanasoメソッドでネイティブが良く使う固くなりすぎない基本構文・表現を学びなおせました。
 そのため、英会話初心者の人にはHanasoメソッドはおすすめです。テキストには日本語も書いてありますし、初心者の人にとっつきやすい作りになっていると思います。
オンライン未経験だった時の自分にHanasoを教えてあげたいです。
もし、一番初めにHanasoメソッドで基礎をつけてから、他のオンライン英会話に移っていたら今よりももっときちんとした英語を話していたんじゃないかな、と思います。

 

 しかしながら、Hanasoメソッドも進めるうちに飽きてきてしまいました。元々知っている知識なので新鮮味がなくなってしまい「これって自習できるのでは?」という思いがむくむくと湧き上がってきてしまいました。そのため、なかなかやる気が出ず、最後にはニュース教材ばかりやっていました。それで一旦退場してしまいました。

 

 hanasoは、通勤型なのか自宅型なのかちょっと不明でしたが、通信はそんなに悪くなかったです。
 一人とってもいい先生がいて、その先生と離れるのが少し残念でしたが、相手にとってはたくさんいる生徒のうちの一人だろうと割り切ってサヨナラしました。

 

 次はどうしようかと思案していたところ、kimini英会話が太っ腹の1か月無料体験をしていたので、そこに乗っかっています。
 さて、どうなることやら。

 

 

DMM英会話からネイティブキャンプに戻ってみるも、混雑に負け撤退…

年始の混雑から這う這うの体でネイティブキャンプから逃げ出し、DMM英会話に数か月身を寄せていました。

 

英会話


初めのうちは、あまり長くいるつもりはあまりなかったので、オリジナル教材の写真描写、お題に沿って話すトピックトーク、記事を読んで要約したり、ディスカッションをしたりする教材を使っていました。
初めから長居するつもりだったら、提携教材を使っていたかもしれません。(笑)
しかし、この提携教材は、予約してからレッスンまで該当のページ(見開き2ページくらい)しかみれないので、復習できないのが難点ですね。本格的にやるのなら、やはり教材は手元において、ガンガン書き込みたいです。


今、受けるなら、SPEAK NOWかな。COCO塾オンラインで体験レッスン(3回)した時に、SPEAKNOWを使って、好感触だったので。ちなみにCOCO塾は、教材は買ってくださいね。というスタンスです。
(話は逸れますが、COCO塾は、通勤型で通信状況は良好、先生方も丁寧でよかったです。もし懐に余裕があるならばCOCO塾もおすすめです。)

 

Speak Now: 1: Student Book with Online Practice

Speak Now: 1: Student Book with Online Practice

 

 


そんなこんなで5ヶ月ほどDMM英会話に身を寄せていましたが、なんだかだんだん飽きてきてしまいました。毎日欠かさず受けていたので、できること、やりたい教材は大体やってしまって、『次、何しよう……」と考えるのが面倒になってしまったのです。トピックトークのお題はたくさんありましたが、興味がなくて、そもそも日本語ですら話す内容がないものはとばしまくっていたので猶更…。
加えて、自分のスピーキング力が完全に頭打ちになってしまったので、「このままではマズイ!」という焦りが出始めました。
何か変えなくては……という思いから、一度DMMを退会しました。

 

で、そろそろいいかなーと思って、ネイティブキャンプに戻ったんですけど(5月頃)、予約なしでは全くレッスンを受けれられない状況は相変わらずだったので、1か月で退散しました。

退会から次の移住先に至るまで、キーアイ、エイゴックス、ジオスオンライン、hanasoを体験し、hanasoメソッドに惹かれてhanasoに腰を据えてみることにしたのでした。

はてさて。

 

 

英会話

 

 

オンライン英会話のネイティブキャンプ!英会話7日間無料トライアル開催中

ネイティブキャンプからDMMへ乗り換えました。

今年の1月になってから、ネイティブキャンプが混雑するようになりました。
同じ時間帯に生徒が集中し、フリーの先生を捕まえるのが困難になり、予約をしないとレッスンを受けるのが難しくなりました。


ネイティブキャンプの売りは、好きな先生をのレッスンを受けるのが難しい代わりに「いつでも」「好きな時に」「何度でも」受講できることだと思っています。
現時点で、その利点が薄くなってしまっているため、契約更新のタイミングでDMMに乗り換えました。タイミングよくDMMでキャンペーンをやっていて、まんまとそれに乗っかってしまいました。

 

英会話


1日に2回受けられて4100円。安いネ!初月だけだけど!
ネイティブキャンプで1日2回レッスンを受けるのに慣れてしまっているので、半額なのをいいことに、こちらのコースを選択してしまいました。
ネイティブキャンプを約7月、DMMを約1週間受講して、感じた違いは以下の通り。

①受けたいと思った時に受けられるのは便利
②ネイティブキャンプの先生は全体的に元気で愛想が良い
③ネイティブキャンプのオリジナルのシステム・画質はとても良い
④DMMの方が役に立つフィードバックをしてくれる
⑤DMMの先生は辛抱強く待つ人が多い気がする(助け舟を出してくれるのはネイティブキャンプ)
*あくまで、私の個人的主観的な感想です。

ネイティブキャンプでは、ちょっとした時間が空いたとき、すっと始められるのがホント良かった。私はあまり先生にこだわりないので、空いてる先生さえいれば、すぐにレッスンに入れるのでほんとにありがたかったです。

DMMは教材が豊富で何を使えばよいのかわからなかったので、一番初めの授業でレベルチェックテストを受けてみました。結果はレベル5。正直、もうちょい高いんじゃないかな?と思っていたので少し落胆しました。が、自分のレベルを受け入れて、そのレベルの教材を使ってみることにしました。

翌月にはまたネイティブキャンプに戻るつもりでいたので、シリーズものを受けるのは避けて、単発で受けられるものをやっています。

それにしても、DMMはいろんな教材があっていいですよね。惜しむらくは、私の予算では1日1回コースしか受けられないんですよね。色々あっても受け切れない(笑)。
今は、写真描写とテーマ別ディスカッションの自分のレベルに近いものを受けています。


授業の前に「文法とコロケーションを間違ったら訂正してください」とメッセージを送ってあるのですが、積極的に直すより、辛抱強く待つ方が多い気がします。
私としては、黙って待っていられるよりは、その場で指摘してもらった方がありがたいし、勉強になるのですが……。生徒に話させるように指導されているのかもしれないですね。
ネイティブキャンプでは、「INかな?ONかな?」と言いながら迷っていると、その場で教えてくれる人が多かったので、DMMにおいてこの点についてはストレスがあります。
ただ、その場でしっかりと訂正してくれる先生は、チャットボックスもつかってくれるし、レッスン後のフィードバックメッセージも詳細に書いてくれます。この点に関してはDMMの方が上ですね。

2月になりまして、ネイティブキャンプの混雑具合が解消されているようなら戻りたいのですが、どうなることやら……。

 

 

 

英会話

 

 

ネイティブキャンプ Androidアプリのデータ使用量を計ってみた。(ほぼ音声のみ)

ネイティブキャンプのアンドロイドアプリで、どれくらいデータを使用するのか計ってみました。

前回、講師&自分の両方がビデオを使って25分レッスンした場合では、約100メガ使っていました。

今回、はじめの一分程度はビデオを使い、後は音声のみにしてレッスンを受けてみたところ、28メガ使っていました。

スマホだと画面が小さいので、教材を見ながらのときは、音声のみがちょうどいいかもしれません。

あくまで目安ですが、皆さんの参考になれば(^^)

 

ネイティブキャンプ Androidアプリのデータ使用量を計ってみた。

ついにネイティブキャンプのAndroidアプリがリリースされましたね。

普段はパソコンからですが、実家に帰ったときは家族のパソコンを借りたりしなければならなかったので、アプリの公開を心待ちにしていました。

昨日、実家に帰省したので、家族が寝静まる今朝方、早速アプリを使ってみました。

実家にはWiFiが通ってはいるのですが、わたしにあてがわれた部屋は、ものすごく電波が悪いです。

レッスン中に通信回線が不安定なのはストレスになるので、試しにモバイルデータ通信でレッスンを受講してみました。

月末だし、使い切れないくらいデータ量があまっていたので…。

 

で、

25分間、講師も私もビデオをつけた状態で98.62メガでした。スピーキング教材だったので、テキストは1ページ分でした。これは端末の方の記録です。結構使いますね(汗)。

覚えていたら、次は音声のみの計測もしてみたいと思います。